2019年2月19日火曜日

2018年度研究成果発表会を無事開催いたしました

みなさま

さきほど、無事2018年度の研究成果発表会が終了いたしました。各セッションでの院生達の報告もそれぞれに日ごろの研究への取り組みが感じられるものでしたし、コメンテーターの先生方の鋭いコメントは院生達の今後の研究にとって、本当に有意義だったと思います。

またミニシンポジウムは、研究者のキャリアパス、とくに公募についての、なかなか他では聞くことのできない裏話が詰まった貴重な時間だったと思います。

登壇してくださった先生方、本当にありがとうございました。院生達は今日の発表会でのアドバイスを踏まえ、また明日から日々研究を一歩一歩続けていきましょう。

2019年2月3日日曜日

2018年度 研究成果発表会

2月19日(9時~17時30分)に、先端社会研究所セミナールーム(社会学部棟3階)にて2018年度の研究成果報告会が開催されます。

博士後期課程の院生による口頭発表、前期課程の院生(希望者)によるポスター発表に加えて、「研究職へのキャリアパス」と題して大学教員公募の実態について触れるミニシンポジウムが行われます。
 
9:00~9:05 開会挨拶(難波功士研究科委員長)

9:05〜10:55 セッション1
 (コメンテーター:桑山敬己・石田淳)

1-1 中川理季 「支援」から見る同和地区のリアリティ
―京都市いきいき市民活動センターの指定管理者による〈隣保事業的実践〉に着目して ―
1-2 山岸蒼太 視覚障害者の労働観
―『働き方』をめぐる語りの分析―
1-3 齋藤幸世 取り残された台語
―台湾「本土言語教育」と「新移民(新住民)諸語」の事例より―
1-4 楊芳溟  国際結婚をした中国女性の主体性
1-5 張思宇  中国の大気汚染に関する環境社会学

(タイム・スケジュール:15分×5名+総合討論25分+予備10分)

11:05〜12:40 セッション2
(コメンテーター:佐藤哲彦・赤江達也)

2-1 岡本真生  ヴァナキュラー宗教の民俗誌
―集団A会の事例から―
2-2 三隅貴史  神輿渡御の意味をめぐる闘争
―東京圏の町会と神輿会を事例として―
2-3 呉松旆   日本人類学におけるアイヌ研究の歴史的変容
―『人類学報告』と『民族学研究』を中心に―
2-4 孫嘉寧   桃太郎伝説の語り直し
 ―香川の事例から―

(タイム・スケジュール:15分×4名+総合討論25分+予備10分)

14:00〜15:35 セッション3
(コメンテーター:高原基彰・阿部潔)

3-1 松野靖子  保守主義のミクロ・マクロな視点からの時間概念
―排外主義との関係性―
3-2 藤井亮佑  死をめぐる処理の現代的状況
―遺品整理業を事例に―
3-3 加藤仁彦  他者の生き方を変容させるということ
―Oliver Sacksの事例に対するベイトソンのダブルバインド理論による分析―
3-4 奥田絵   大規模公共事業における補償と集落再建に関する考察
―奈良県吉野郡川上村を事例に―

(タイム・スケジュール:15分×4名+総合討論25分+予備10分)

15:45~17:15 ミニシンポジウム
研究職へのキャリアパス
ファシリテーター:鈴木謙介(関西学院大学)
登壇者:谷村要(大手前大学)・雪村まゆみ(関西大学)・奥村隆(関西学院大学)

17:15~17:20 閉会挨拶(佐藤哲彦研究科副委員長)

18:30 懇親会

※    総合進行(金太宇・前田豊)

<ポスターセッション>
12:40~14:00 掲示会場(セミナールーム)

渡壁晃    ヒロシマに関する行事の通時的分析
江見克基   相互行為と労働場面の変化から現代的な劣等感と羞恥の特徴を定義する
北川茉里奈  報道への批判が生じるメカニズムの検討―道徳的基盤に着目して―

2019年1月29日火曜日

共同研究会「問題意識・フィールドワーク・論文作成:その理論と実践」を開催します

下記の通り227日に院生企画による研究会を実施します。参加無料、事前申し込みの必要はありません。関心のある方は、ぜひご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

2018年度第3回院生企画研究会 
【日時】2019227日(水)14301830(14:00より受付開始)
【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス先端社会研究所(社会学部棟3階)セミナールーム
【講師】関根康正氏(神奈川大学アジア研究センター客員研究員)
【講演題目】問題意識・フィールドワーク・論文作成:その理論と実践
【講演要旨】
 人類学者川喜田二郎先生の研究人生をたどることで、人類学的研究をするとはどういうことであるのか、
その具体的な研究過程とはいかなるものかを説明してみたい。研究過程は、問題意識の発見、先行研究の渉猟、
フィールドワークの実践、データの統合、エスノグラフィーの記述などから構成されているが、その過程のうちに
研究者として社会的コミットメントが体現されていることについて確認していきたい。
以下のようなポイントについてお話していく予定である。
1 人類学・野外科学・フィールドワーク・アブダクション
2 「問題意識」発見技法としての写真観察法
3 論文作成の実践的方法:ストリート人類学を事例にして

主催:フィールドワーカーのための課題解決のフレームワーク班
共催:先端社会研究所

2018年11月24日土曜日

共同研究会「研究するための狡知―フィールドワークから論文執筆まで」を開催します


下記の通り12月8日に院生企画による研究会を実施します。ぜひご参加ください。

【講演題目】:研究するための狡知―フィールドワークから論文執筆まで
【講師】:小川さやか氏(立命館大学先端総合学術研究科・准教授)
【日時】:2018128日(土)13301700(開室は1300から)
【場所】:先端社会研究所 セミナールーム(関西学院大学上ケ原キャンパス社会学部棟3階)
参加無料、事前申し込みの必要はありません。皆様のご参加をお待ちしております。

【概要】
大学院生の頃、教員や先輩たちから「頭が固くなる前にアフリカに行け」「動いているものは数え、止まっているものは測(計)れ」「一点突破・全面展開せよ」などと口癖のように言われた。要約すれば、先行研究によって対象地域の人々の営みをまなざす視座を固定化せず、まっさらな心で地を這うような調査を実施し、その過程で「きらりと光る」切り口を発見し、その切り口に軸足を置いて関連する議論や専門分野の外壁をぎりぎりと切り崩しながら、オリジナルな論を花開かせよという「方法論」である。この言葉を字義通りに解釈し、何も勉強せずに闇雲にデータを集め、きらりと光る切り口を見つけられた、あるいは「これだ!」と信じた切り口が事後に先行研究と照らし合わせて確かに光っていたとしたら、それは偶然/運または個人的な「センス」にみえる。
だが、あたかも偶然の発見やひらめきのように語られるもののなかには「言語化されない」だけで、誰でも実践可能な一連の作業がある。同様に文献の読解やデータの論文化のプロセスにも、ふだんは言語化されないが、多くの研究者が実践している一連の作業がある。本講演では、そうしたプロセスを丁寧に言語化することで、フィールドワークを実施してその成果を論文化する際のヒントを提供できたらと考えている。

主催:「フィールドワーカーのための課題解決のフレームワーク」班
後援:先端社会研究所

2018年11月21日水曜日

共同研究会「社会学は〈わたし〉の不安定さをどう捉えるか」を開催します。

12月1日(土)に立正大学の片桐雅隆先生をお招きして、大学院生の企画による研究会が開催されます。関心のある方は、ぜひご参加ください。
片桐先生のプロフィール https://researchmap.jp/read0060101/

開場:13時30分/開始:14時(終了予定17時)
会場:関西学院大学 上ヶ原キャンパスH-303教室
https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001086.html

概要
「傷つきたくないし、傷つけたくもない。だからって自分を見失うのはイヤ。
でも“本当の自分”ってどこにあるんだろう――」

ふとした時にこんな考えに襲われることがあるかもしれない。
社会学は、〈わたし〉の中の内なる不安定さをどのように捉える(べき)か。

今回の研究会では、こうした自己の不安定さを「個人化」や「心理化」の過程に位置づける議論を展開した片桐雅隆先生による講演を開催します。
その後、参加者を含めて様々な観点から検討を進めたいと思います。

申し込み・問い合わせ fmk97675アットKwansei.ac.jp(江見克基)
(アットは@)

2018年10月24日水曜日

関西社会学会大会(2018年度)奨励賞

第69回関西社会学会大会において、社会学研究科博士前期課程2年の中村健太さん(「フーコーにおける安全と規律・訓練-空間概念を手がかりに-」)、同じく前期課程1年の渡壁晃さん(「広島はヒロシマにどのように向き合ってきたのか―ヒロシマに関する行事と『生者―死者』の関係性について―」)が奨励賞を受賞しました。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

https://www.ksac.jp/2018/08/27/encaward69/

2018年7月1日日曜日

2nd Postgraduate Conference in Japanese Studiesの開催

メルボルン大学アジアインスティテュートとの共催で、2018年6月28日から29日まで関西学院大学上ヶ原キャンパスにて国際会議が行われました。メルボルン大学の小川晃弘先生のキーノートスピーチに続き、関西学院大学からは5名、メルボルン大学からは7名の大学院生による報告が行われました。日本研究を専攻するメルボルン大学の研究者・院生との活発な議論は、社会学研究科の大学院生にとって、貴重な経験となりました。


発表者や報告タイトルは以下のリンクの通りです。
https://www.kwansei.ac.jp/i_asr/i_asr_017116.html