2019年8月26日月曜日

共同研究会「社会的支配志向性と偏見との関連:学際研究の視点も含めて」を開催します


904日に院生企画による研究会を下記のとおり開催します。
本研究会では三船 恒裕氏 (高知工科大学) を講師としてお招きします。
研究会のご参加にあたって事前連絡は不要です。皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】2019904() 14001730
【場所】関西学院大学 大阪梅田キャンパス (アプローズタワー14階 1406号室)
【講師】三船恒裕 氏(高知工科大学)
【概要】偏見や差別といった広義の集団間葛藤問題は、社会心理学の黎明期から盛んに研究されてきた。同時に、集団間葛藤問題は政治学や経済学でも扱われている学際的な領域に属する問題でもある。本発表では、社会心理学では古典とされる権威主義的パーソナリティを現代版にリバイズしたとも言える社会的支配志向性という個人差特性に着目し、日本人の偏見との関わりを示した研究を紹介する。特に、社会的支配志向性と公正世界信念が独立に偏見と関連することを示した未発表データも紹介する。また、発表者が行ってきた政治学や経済学との共同研究の内実も紹介する。これらを踏まえ、個人差変数を分析することで得られる知見の持つ意味・意義とその限界に関する点、また、心理学が他分野に対してもインパクトを持ちうる研究となるためにはどうしたらいいかという点について、出席者と議論を行いたい。

主催:社会心理学研究班
後援:関西学院大学 先端社会研究所
【問い合わせ先】  中越みずき e-mail : nakagoshi.m77あっとgmail.com (あっとは@)

2019年7月28日日曜日

KG社会学批評第8号のリボジトリ公開

2019年3月に発行されたKG社会学批評第8号が公開され、Web上で読めるようになりました。

第8号は、以下の四冊についての大学院生による書評論文、リサーチノート、ならびに共同研究班の報告・コラムで構成されています。関心のある方はぜひお読みください。

【書評論文】
石井由香里著『トランスジェンダーと現代社会-多様化する性とあいまいな自己像をもつ人たちの生活世界』(織田佳晃)
片桐雅隆著『不安定な自己の社会学──個人化のゆくえ』(江見克基)
深谷直弘著『原爆の記憶を継承する実践──長崎の被爆遺構保存と平和活動の社会学的考察』(渡壁晃)
北村智・佐々木裕一・河井大介著『ツイッターの心理学』(北川茉里奈)

【リサーチノート】
現代日本における「福田恆存」再考論について(松野靖子)

https://kwansei.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_snippet&index_id=5598&pn=1&count=20&order=7&lang=japanese&page_id=30&block_id=85

2019年6月27日木曜日

大学院進学説明会を無事開催しました

6月22日に社会学研究科による大学院進学説明会ならびに、研究科所属の大学院生による進学相談会を開催しました。

どちらも多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。関西学院大学社会学部の学生、他学部の学生、留学生、社会人など、さまざまな方にご参加いただきました。

社会学研究科に興味を持っていただき、進学を志望されるみなさまが入学試験に合格し、研究科の一員になる日を楽しみにしています。

2019年5月29日水曜日

大学院進学説明会

社会学研究科では、6月22日12時50分~13時20分まで、関西学院大学上ヶ原キャンパスE号館303教室にて大学院進学説明会を実施します。他大学と比べた関学社会学研究科の魅力、卒業生の進路、奨学金などのサポート制度、さらにはGSSPについても教職員が説明をします。

さらには、同日同教室にて13時30分~15時00分まで、大学院生による進学相談会を実施します。こちらは、博士後期課程の大学院生が、研究生活の実態、各種サポート制度の利用法などに関連して、院生の目線で関学社会学研究科の特長・魅力をお伝えします。 また、個別相談の時間を設け、履修している授業、一日のスケジュールや、入試の勉強法など、みなさんの疑問についてお答えします。
 
関学社会学部の学生・卒業生はもちろん、他学部の方、他大学の方のご参加もお待ちしています。少しでも社会学研究科への進学を考えている方は、学年、経歴等を問わず、ぜひご参加ください。

キャンパスマップ
https://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001086.html



2019年5月15日水曜日

KG社会学時評へのリンク

関西学院大学社会学研究科では、2008年月から2011年3月までの大学院GPプログラムの終了後、GSSPプログラムの過渡期において、社会学研究科と先端社会研究所大学院生・研究員のバックアップを受けた自主的な研究活動をKG社会学時評として発信してきました。

しかし、KG社会学批評・GSSPセミナー・国際研究発信・共同研究班・研究成果報告会といった GSSPプログラムの活動内容が定まり、これらをGSSPブログで発信するようになった2019年現在においては、その役割を終えたといえるのでしょう。

ただし、過渡期の重要な記録としてこれを残しておきたいと思います。以下はKG社会学時評へのリンクです。
http://kgu-socgp.blogspot.com/

2019年4月4日木曜日

関西学院大学大学院社会学研究科出身の研究者[未完成版](学位取得年度または最終在籍年度/現在の所属)

社会学研究科で博士学位を取得された方々の所属になります。大学・研究所に常勤として所属されている方のみを記載していますが、これ以外にもさまざまな場所で先輩方が活躍されています。


<2000年度~>
圓田 浩二(2001年度/沖縄大学人文学部 教授)
浜田 宏(2001年度/東北大学大学院文学研究科 准教授)
池内 裕美(2001年度/関西大学社会学部 教授)
小杉 考司(2004年度/専修大学人間科学部 教授)
金菱 清(2004年度/東北学院大学教養学部 教授)
岩本 茂樹(2004年度/神戸学院大学現代社会学部 教授)
石田 淳(2004年度/関西学院大学社会学部 教授)


<2005年度~>
前田 至剛(2005年度/流通科学大学人間社会学部 准教授)
足立 重和(2005年度/追手門大学社会学部 教授)
土屋 雄一郎(2005年度 /京都教育大学教育学部 准教授)
林 怡蓉(2006年度/大阪経済大学情報社会学部 准教授)
山本 早苗(2007年度/常葉大学社会環境学部 准教授)
谷村 要(2008年度/大手前大学メディア・芸術学部 准教授)
岡本 卓也(2008年度/信州大学人文学部 准教授)
山北 輝裕(2009年度/日本大学文理学部 准教授)
加藤 潤三(2009年度/立命館大学産業社会学部 准教授)
前田 拓也(2009年度/神戸学院大学現代社会学部 准教授)
荒木 康代(2009年度/大阪経済法科大学経済学部 教授)


<2010年度~>
中川 典子(2010年度/流通科学大学サービス産業学部 教授)
前村 奈央佳(2010年度/神戸市外国語大学外国語学部 准教授)
雪村 まゆみ(2010年度/ 関西大学社会学部 准教授)
前田 豊(2011年度/関西学院大学社会学部 任期制准教授)
中川 千草(2011年度/龍谷大学農学部 講師) 
白波瀬 達也(2011年度/桃山学院大学社会学部 准教授)
林 幸史(2012年度/大阪国際大学人間科学部 准教授)
稲津 秀樹(2012年度/鳥取大学地域学部 准教授)
松本 隆志(2012年度/関西学院大学社会学部 教務補佐)
中川 加奈子(2013年度/追手門大学社会学部 准教授)
福田 雄(2013年度/東北大学東北アジア研究センター 助教)
金 太宇(2014年度/関西学院大学社会学部 任期制准教授)


<2015年度~>
仲 修平(2016年度/東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター 助教)
山森宙史(2017年度/四国学院大学総合研究センター 助教)
伊藤康貴 (2017年度/長崎県立大学地域創造学部公共政策学科 講師)
矢崎千華(2017年度/関東学院大学社会学部現代社会学科 専任講師)
中野歩美(2017年度/関西学院大学先端社会研究所 専任研究員)


※2000年度以降の後期課程出身者のみ掲載しています。
※未完成版です。追加情報や修正ありましたら社会学研究科までお知らせ下さい。
※社会福祉分野は2008年に人間福祉研究科として独立しましたので上記に含まれていません。

2019年2月19日火曜日

2018年度研究成果発表会を無事開催いたしました

みなさま

さきほど、無事2018年度の研究成果発表会が終了いたしました。各セッションでの院生達の報告もそれぞれに日ごろの研究への取り組みが感じられるものでしたし、コメンテーターの先生方の鋭いコメントは院生達の今後の研究にとって、本当に有意義だったと思います。

またミニシンポジウムは、研究者のキャリアパス、とくに公募についての、なかなか他では聞くことのできない裏話が詰まった貴重な時間だったと思います。

登壇してくださった先生方、本当にありがとうございました。院生達は今日の発表会でのアドバイスを踏まえ、また明日から日々研究を一歩一歩続けていきましょう。